美白 シミ

若い頃は特に気にしなくても年齢を重ねた時に後悔しやすいのでシミ対策です。


透き通ったキレイな美肌を目指すにはシミについて
しっかりと対策をすることが大事になります。


古い角質層によるくすみのケアも大事になります。


シミにはいくつか種類があり、「肝斑(かんぱん)」
「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」「雀卵斑(じゃくらんはん)」があります。



妊娠中にできやすいといわれてるのが肝斑で
30代から40代の女性に多くみられます。
顔の左右に対称にできることが多いという特徴があります。


老人性色素斑はシミのなかでも最も多いタイプで早い方では
30代くらいであらわれることもあります。
紫外線の影響で出来てしまうことが多く、若いころにUVケアが
不十分だったためにできることも多いと言われています。

雀卵斑はそばかすのことで遺伝的な要素が強いとわれています。
白人に多く見られるそうですが、日本人でも色白の方に比較的多いそうです。


シミを消すためにはレーザによる方法や美白成分を含んだ
化粧品によるスキンケア、サプリメントなどによる方法があります。


メラニンの増加を抑制して肌のターンオーバーを
促進するものを選ぶと効果的にケアをすることができます。


サプリメントはビタミンCやビタミンAが配合されたものを選ぶのが有効です。


化粧品やサプリなどは個人差もありますので、
いろいろと使ってみて自分に適したものを使うようにしましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。